一日を過ごす時間の多いリビングとその間取り


【失敗と後悔も多い間取り決め】
 マイホームを購入する際、間取りを決める時が一番楽しいと思います。どんな家に住むか具体的なアイディアが浮かぶので、わくわくしますよね。家をつくるわけではないけど、間取りを見るのは楽しいと感じる方も多いようです。
 しかし、そんなわくわくの一方、間取り決めは失敗してしまうと一生後悔してしまうことになります。子供部屋をあと1部屋作っておけば良かった、リビングをもう少し広くとっておけばよかった……などなど。間取りを決める際、後悔しないためにどんなことに注意しなければならないのでしょうか?

【一日を過ごす時間の多いリビング】
<間取りはリビングから決めよう>
 リビングは家の中でも、最も過ごす時間が長く、そして家族が集まりやすい部屋です。間取りを決める際は、一番最初に、家の中心となるリビングから決めるのがおすすめ。リビングを決めたら、そこから生活導線を意識して各部屋に繋げていきましょう。また、一日を過ごす時間の多いリビングは、できるだけ南向けに配置するようにすると良いでしょう。

<リビングは広く見せるように>
 窓の配置や部屋の形などで、リビングがどう見えるかはかなり違ってきます。最も多くの時間を過ごすリビングだからこそ、広く見せるようにしましょう。
 これはインテリアの配置をする時のように、扉から奥に向かって窓を付けていくと良いと言われています。

不動産探しなら収益物件がおすすめです用途地域を見ると、将来の住環境の変化をある程度予測できます。 全国には住宅用・事業用と様々な不動産情報がありますね。 不動産物件の中でも資産価値が下がりにくいのが、土地なのです。